けだまのブログ

けだまのブログへようこそ。 運営者の、けだまと申します。 鳥取の大学4年生。 よかったらゆっくりしていってね。 みんなが自分の人生やキャリアについて真剣に考えられるきっかけを与えられる人になりたい。思考の歴史カテゴリ参照。鳥取の就職問題についても関心があります。今年はその問題に対して何とか働きかける。これまでに50人弱の社会人の方へインタビューをし、記事を執筆してきました。得意分野です。 そういう関連のお仕事も募集中です。 お問い合わせやこれまでの実績は、お問い合わせカテゴリからどうぞ。

Part5~手段の選択~思考の歴史を振り返る。

 

世間は三連休の中日。

 

児玉は五連休二日目でございます。(笑)

 

こっそり企画していた一人旅ですが、

友人のおすすめで、

 

出雲大社♡笑

 

に、火・水と行って来ようと思います!

 

縁結び出雲大社を勧めてくるあたりが

なんとも、ですが(笑)

 

また、その話もブログにしたいと

思っておりますー!

 

さてさて、今日も今日とて

思考の歴史を振り返るPart5

ですね。

 

前回まではこちら。

 

弟が内定をいただきました。仕事は手段でしかない。思考の歴史Part0 - けだまのブログ

思考の歴史を振り返る。Part1 - けだまのブログ

思考の歴史を振り返る。Part2~大学進学とお金の話~ - けだまのブログ

思考の歴史を振り返る。Part3~手段としての仕事~ - けだまのブログ

思考の歴史を振り返る。Part4~私にとっての豊かさって何か~ - けだまのブログ

 

それでは、

れっつごー!

 

--------------------

 

前回は、

 

自分の人生、キャリアについて

考えるきっかけを与えられるような

人になりたい。

 

それが私の仕事の目的になるのかもしれない。

 

そんな話をしました。

 

今回は、

 

それをどんなアプローチ方法で
実現させるのか。
=仕事選び

 

について考えていきます。

 

どんな仕事で、

どんなことができれば、

考えるきっかけを与えられるのか。

 

たぶん、

それにはたくさんの方法があって、

言ってしまえば、どんな仕事でも

きっかけは与えられるのかも、

しれません。

 

今考えうる、

ものの中で進めていきます。

 

まず、

目次的に、今考えているものを

あげてみようと思います。

 

 ・人材系の仕事(マッチング)

 ・キャリアコンサルタント

 ・カウンセラー

 ・雑誌や新聞などで人紹介

 

現時点で、このような選択肢を

考えています。

 

 

ひとつひとつ見ていきます

 

一つ目、

 

人材系の仕事。

 

マッチングの面からアプローチしよう、

という考えです。

 

きっかけを与える、とは少し

ニュアンスが違うかもしれませんが、

求職者と企業が納得できるマッチングを

支援できれば、その人にとって

仕事そのものを意味のある時間にしてほしい

という、私の目的の部分を満たせるんじゃ

ないかなー。と。

 

次。

 

キャリアコンサルタント

 

キャリアコンサルティングって

あまり聞きなれない言葉かもしれません。

ここ最近に国家資格になったようです。

www.jcda-careerex.org

 

実はこの資格を持っている方に

お会いしたことがあったのですが、

その時はまだここまで考えられていなくて

ふーんって流してしまってました…。

めちゃめちゃ後悔…。

 

上に貼ったリンクを見てもらえれば

だいたいわかると思うのですが、

まさに、私が言っているような、

学生や社会人に、キャリアについて

考えるきっかけをつくったり、

相談に乗ったりする専門の資格、

みたいです。

 

夏にお会いした方も、

人材派遣会社に勤める中で

この資格を取得し、

転職する方を対象に

キャリアコンサルタントのお仕事を

されていました。

 

ただ、

キャリアコンサルタントになるには、


厚生労働大臣が認定する講習の

 課程を修了した者
・労働者の職業の選択、職業生活設計又は

 職業能力開発及び向上のいずれかに関する

 相談に関し3年以上の経験(5を参照)を有する者
・技能検定キャリアコンサルティング職種の

 学科試験又は実技試験に合格した者
上記の項目と同等以上の能力を有する者

 

という条件があります...。

やっぱり、なかなか厳しいですね...(笑)

 

これを見ると、

もしこの道を選ぶのであれば、

 

資格取得を見据えて

人材系の企業へ就職し、

経験を積みながら、勉強する。

 

という一つ目との組み合わせが

よさそうに思いますー。

 

大変そうではあるけれども、

アプローチ方法としては

一番筋が通っていて、

”実感”も得やすそう。

 

次。

 

カウンセラー。

 

これは、先にあげた

キャリアコンサルタント

似ているんですが、

 

個人対象に、

じっくりと相談に乗れたらなあ、と。

 

やるなら学生対象がいいなあ。

 

個人的に、人の相談に乗ることは

好きだし、周りからも比較的需要がある、

ように感じているので(笑)

(なんかしら相談を受けることが

少なくありません。)

自分の得意なところを活かしながら

できるのは魅力的。

 

ただ、カウンセラーという形だと、

対応できる人数も

少なくなってくることと、

キャリアコンサルタントと同じく、

大学卒業してすぐにつけるような

職業ではないので、何かとの

組み合わせが必要になりそうです。

 

次。

 

雑誌や新聞などで人紹介。

 

今やっている、

だっぴ、にも近いかもしれません。

 

例えば、

TURNSやソトコトみたいな雑誌。

開いてみてみると、

結構人の紹介がたくさんされています。

 

それから、

致知

のような自己啓発系の雑誌。

 

雑誌と比べると、

書けることが限られてくるけれど、

多くの人の目に留まる、新聞でも

できるかも。

(意外と、そういうコラムだったり

特集って多い。)

 

こういう手段で、考えるきっかけを

提供できないかな、という考えです。

 

私自身が、

誰かの言葉や存在が、

きっかけになっていたことが

多かったこともあり、

手段としては全然ありなのかなと

感じています。

 

ただ、それを読んだ人が

本当にそれがきっかけになったか

ということまで知ることはできない。

 

実感がわきにくいのは、

ちょっと難点かもしれません。

 

でも、

取材やインタビューは

私が得意と思っている部分だし、

大学でも一番力を入れてきた

ところでもあります。

 

取材も、記事を書くことも

楽しいし、好き。

 

実際に仕事をすることを

想像してみて、

一番わくわくするのは、

この道かもなあ。

 

 

でも、

…なんでなんだろう?(笑)

f:id:kedama-rina:20171008225051j:plain

 

(30分経過w)

 

手が進みません。

 

うん、

 

なんとなく迷走してきました…(笑)

 

たぶん、

そう、

 

一番の目的は明らかになったけど

次に大事にしたいことが

はっきりしていないから、

なんとなくどれがいいのか

わからん、

のかな。たぶん。

 

…ちょっと考えるべきところが

そこでいいか微妙なところですが、

 

今回で、一番の目的を果たせそうな

手段を挙げてみたので、

次回は、

他の要素で私は何を大事にしたいのか?

そのうえで何が一番適してそうなのか?

を考えてみようと思います...。

 

ここまではこれまでも

自分で振り返ったことがあったので

すらすらかけたのですが、

ここからは、じっくり考えるのは

初めての機会になるので、

今みたく迷走すると思います(笑)

 

読みずらくなると思うのですが、

おーおー、悩んでる悩んでるw

くらいの気持ちで

見てやってください...(笑)

 

それでは、今日もお付き合いいただき

ありがとうございましたー!