けだまのブログ

けだまのブログへようこそ。 運営者の、けだまと申します。 鳥取の大学4年生。 よかったらゆっくりしていってね。 みんなが自分の人生やキャリアについて真剣に考えられるきっかけを与えられる人になりたい。思考の歴史カテゴリ参照。鳥取の就職問題についても関心があります。今年はその問題に対して何とか働きかける。これまでに50人弱の社会人の方へインタビューをし、記事を執筆してきました。得意分野です。 そういう関連のお仕事も募集中です。 お問い合わせやこれまでの実績は、お問い合わせカテゴリからどうぞ。

問題を問題といっているだけではだめだよね。できることから始めよう。

 

みなさん、おはこんばんにちは、

すっかり春だね。

けだま(@k_east424)です。

 

もうすでにお気づきの方も多いかもしれませんが、

前回の記事が、3月3日更新。

 

今月の目標の一つ、

週2更新、さっそく守れず…。

 

言い訳はすればいくらでもできますが、

結果は結果なので、

きちんと反省して

こっから挽回します...!頑張る…!

 

ということで、

今回は、こんな話をしていきたいと思います。

 

f:id:kedama-rina:20180315003506j:plain

 

毎日生きていると、いろんなことに

出くわします。

 

楽しいこと、つらいこと、

不思議なこと、面白いこと…

 

それから、違和感を感じること。

 

最近は、私自身が就活生ということもあって

就活関連の違和感についての話を

よく耳にすることがありますし、

私自身も色々感じることもあります。

 

そんな時に、

 

「○○は絶対におかしいよね~」

「なんで△△なんだろう?」

「□□は××のほうがいいはずだよね...」

「私だったら●●するのに…」

 

きっとこんな話になるのではないかと思います。

 

導入で、就活の話を上げましたが、

もっと身近で小さなことでも

こういった話になることは多いのではないでしょうか。

 

バイトや仕事の話かもしれないし、

彼氏彼女の話かもしれないし、

家族のことかもしれない。

 

そんな時、みなさんは

その会話の落としどころ、どうしていますか?

 

「だよね~!ホント、意味が解らん!」

「ねー!絶対そっちの方がいいのにね!」

「なんとかならないのかなー…」

 

…もしかして、

こんな風になっていませんか?

 

…もしかして、

そのまますっきりして会話終了していませんか?

 

 

 

おそらく、

多くの人がそうなって

しまうんじゃないかなと思います。

 

でも、ですよ。

 

その話したところで、

何が変わるんでしょうか??!

 

お互いに、

違和感や問題意識を共有しただけであって、

そこで終わってしまっていたらそれまでだし、

そこからはもう何も生まれないですよね。

 

かく言う私も

正直なところ、そうなってしまうことも

少なくありません…。

 

最近の話でいえば、

こんなことが、あって…。

 

 

 

 

…こんな感じで、

Twitterで連投していたわけですが。

 

ここで終わっていたら、

さっき言ったように、この違和感や問題意識からは

何も生まれません。

 

大事なのは、

 

ここから、小さなことでも、

何か変えていけるように動くこと。

 

ではないでしょうか。

 

私は、この件については、

こんなことから動いてみることにしました。

 

 

利用率が低いという、キャリアセンター。

 

原因として、

使い方がよくわからなかったり、

なんとなく入りにくかったり、

周りの友人が使ってないことだったり

があるのかなと、感じたので、

 

私が自ら記事として書いて

微々たる力だけども、

何人かの鳥大生に届いて、

キャリアセンターに足を運ぶ

きっかけをつくれないか、と。

 

私も、初め、用事があって足を運ぶまでは

かなり行きづらい雰囲気があったし、

 

今回の話のように、

学生間で意識の差があることも、

まずは、既存のものの利用率を上げて

みんなが当たり前に、

行ける、話せるような雰囲気を

つくることからでもアプローチできるかな、

と思ったわけです。

 

今回抱いた問題の中で、

今の私にできることは、

とりあえずはそこからだ。

 

思い立った後、すぐに

実際に行動に移しました。

 

お世話になっている

センターの方にメールを送信。

 

f:id:kedama-rina:20180314234534j:plain

 

こんな感じで。

 

ご丁寧に、

「こんなお願いははじめてでしたので、

驚きました。

課に話してみます。」

とのお返事をいただきました。

 

…しかし、

結論から話すと、

最終的には取材はNG

ということになってしまったのですが…。

 

それでも、メールを送ってみなきゃ

何も進まなかったことだし、

 

少し方法は違うけれど、

個人的な感想を載せるならOK

ということだったので

また後日、記事にすると思います...!

 

今回、この話を通して

実際に動いてみれたことで、

 

ダメもとでも、

なにか働きかけなければ、

絶対に事は動かないこと、

 

逆に、何か少しでも

動いてみれば、答えてくれる人や

協力してくれる人はいるということ、

 

そんなことを改めて感じたのです。

 

 

今回の話に限らず、

冒頭で話したように、

色々なことで、色々な違和感や

問題意識を持つ瞬間があると思います。

 

そんな時に、

ただ話して終わりではなく、

 

出来ることから、

ちょっとでも動いてみること。

 

私も常に意識していきます。

 

まだまだ、話して終わりにしてしまっている

案件が何個もあるので、

早いこと、ちょこっとでもつつくぞ…!

 

今日話したその愚痴が、何かを変える

大きなきっかけになるかもしれないしね…!!!

 

 

ーーーお問い合わせフォームーーー