けだまのブログ

けだまのブログへようこそ。 運営者の、けだまと申します。 鳥取の大学4年生。 よかったらゆっくりしていってね。 みんなが自分の人生やキャリアについて真剣に考えられるきっかけを与えられる人になりたい。思考の歴史カテゴリ参照。鳥取の就職問題についても関心があります。今年はその問題に対して何とか働きかける。これまでに50人弱の社会人の方へインタビューをし、記事を執筆してきました。得意分野です。 そういう関連のお仕事も募集中です。 お問い合わせやこれまでの実績は、お問い合わせカテゴリからどうぞ。

「恋愛において大事なことは?」等、恋愛系質問に答えてみました、第二弾!

 

どうも、こんにちは

けだまです。

 

無事、テストが終了。

 

ということで、

春休みへ突入いたしました!!!

 

なので、

ブログもガンガン書いてきます!

 

テストでカタめの文章を書くのにも

ちょっと疲れたので…(笑)

 

今回は、

実はけだまのブログの中では

結構人気カテゴリの、

恋愛系記事を書いていこうと思います。

 

これまでに

またまたSarahahにていくつか

恋愛系の質問を頂いていたので

それにこたえていく感じで

進めていきますね。

 

それでは、れっつごー!

 

f:id:kedama-rina:20180212013602j:plain

 

まずは、こちらから。

 

f:id:kedama-rina:20180212013824j:plain

 

「恋愛において大事なこととは?」

 

また、かなり重たい質問ですね。w

 

恋愛において大事なこと…。

 

 

うーん。

 

なんでしょうね…(笑)

 

まあ、この記事は、

私が私個人の価値観で

勝手に答えているだけなので、

 

私が、この質問をぱっと受けた時に

一番に思い浮かぶものを

答えてみることにします。

 

とりあえず、

この「恋愛」は、

片思いとかではなく、

両想いで付き合っている段階でのこと

ということで進めておきますね。

 

私は、

 

自分の気持ちと相手の気持ちだけを信じること。

 

って、答えますかね...。

うーん、たぶん。

 

なんだよ、結局信じるとか

そういう話かよ、って

思った方もいるかもしれませんね…苦笑

 

でも、これまでに私も

何回か恋愛をしてきましたが

そのどれも振られている経験wからすると、

 

やっぱり、

自分の、相手のことを好きだという気持ち

と、

相手が、自分のことを好きだと言ってくれる気持ち

 

恋愛なんて結局は、

ただ一つ。

それだけ。

 

じゃないかなって

最近は思うようになりました。

 

そちゃもちろん、

二人を取り巻く環境や

色々な要素が絡み合っていくのが

恋愛なんですけど、

 

最終的に残るのは、

そこだけじゃないのかなあ、って。

 

だから、

私的には、

大事なことって聞かれたら

さっきのように答えます。

 

少しだけ、私の実体験を

織り交ぜながら、掘り下げてみます。

 

私は高校時代、

結構長くお付き合いしていた人がいました。

 

高校一年生の頃から

卒業、大学入学までだったので

二年半とかになるくらいでした。

 

私は、ご存知の通り鳥取へ、

彼は地元の大学へ進学し、

遠距離となってしまったんですね。

 

当時は私も子供で(今も充分子供ですが)、

何か自分の中で不安だ!って出来事があったら

相手に伝えなきゃ気が済まなくて。

 

遠距離で、顔を見て話すこともできないし

一つ不安ができれば

それをきっかけに不安なんて

ボコボコわいてきちゃって。

 

本来一番大事なはずの

自分たちの気持ちはおざなりに、

お互いにお互いの首を

締め付けてしまっているような状況が続いて

 

結局遠距離になってから

すぐに別れることになってしまいました。

 

それから、こんなことも。

 

本当は、もうすでに

相手に対して自分の気持ちが

あんまりないことに気が付いているのに、

 

これまでの思い出や情に

後ろ髪を引かれてしまって、

ずるずるとしてしまう。

 

結果、自分の気持ちを見ないふりして

引き延ばせば引き延ばしたほど

つらくてしんどい別れが待っていました。

 

 

二つの話をしましたが、

どちらも結局、

自分または相手の気持ち以外のものに

気をとられてしまった結果

です。

 

そりゃもちろん、

付き合い始めて一緒にいる時間が長くなったり、

お互いのことを知っていくうちに、

多かれ少なかれ多少の不安は出てくるのは

たぶん、避けられない。し。

 

一緒にいる時間が長くなればなるほど

いろいろな問題が出てくるんでしょうけど、

 

そこで、疑ったり

お互いに傷つけあったりしたところで

しょうがない、というか。

 

私はあなたのことが好き。

あなたは私のことが好き。

 

その事実だけあれば

本当は十分じゃん、って、私は思うんです。

 

きっと、恋が実る前、

片思いをしていたころは、

 

挨拶ができただけで

一日ハッピーだったり。

 

姿が見れただけで

嬉しくてたまんなかったり。

 

女の子なんかは特に

こんな気持ちは共感できるんじゃ

ないかなって思うんですが、

 

そのころを思えば、

お互いに同じ気持ちでいられて

一番に愛してもらえる立場にいるのであれば

 

もう、それだけで十分、じゃないですか。

 

周りの環境や言葉やうわさ、

生まれてしまったちょっとの不安に

惑わされて、

一番大事なことを

見失ってしまうなんて、

 

そんな悲しいことないよねって。

 

私も前までは

本当に嫉妬ばっかしていて、

ちょっとのことで不安になったり

機嫌が悪くなったりしていて。

 

そうなると好きなはずなのに、

一緒にいることがめちゃめちゃ苦しくて。

 

最近になって

少しは大人になったんでしょうか(笑)

 

そんな風に思えるようになってからは

不思議と嫉妬みたいなものも

自然となくなっていったし、

以前感じていた苦しさももちろんなくなりました。

 

 

 

二個目のケースも根本は同じかな、と。

 

私は、本当に「振る」ということが

出来ない人間なので、

この気持ちは本当に100回頷いても

足りないくらいめちゃめちゃわかるのですが、

 

長く付き合えば付き合うほど

思い出の量も、相手に対する情みたいなものも

周りとも関係性も、

 

濃く、太く、手放したくないものになっていく。

 

本当に長くなってくると、

「二人として」の友人関係が出来たり

親とのかかわりもあったり、

 

「別れる」という選択が

なんとなくしにくくなっていくと思います。

 

そんな中で、

自分の気持ちが相手に

向いていないと気づいたり、

 

逆に相手が自分に向いていないことを

察してしまうようなこともあるかもしれません。

 

そんな時、

先に話したようないろいろな要素が

頭にちらつく選択を

止めようとしてくるはずです。

 

でも、

それで、自分や相手の気持ちを

見ないことにして、

一緒に居続けたとして。

 

きっと、いつか破たんして

しまうんじゃないかな。

 

私は、

付き合う、一緒にいる、

っていうことは、

相手が好きだから、の前提があって

初めて成り立つものだと思っているので、

 

それがなくなってしまった以上、

見ないふりは余計につらいものを

生むことしかしない、と思っています。

 

というか実際にそうでした。

 

だから、

やっぱり、恋愛で一番大事なものって

私にとっては、

 

自分と相手の好きという気持ち

 

なんです。

 

この質問をしてくれた人が

どういう答えを求めていたか、

質問した人すらわからないので

何とも言えないのですが、

 

私的な答えを話してみました。

 

…ということで、

次の質問へ、と行きたいところなのですが、

 

毎度、このカテゴリの記事は

自分が思った以上に

体力と文量と頭を使うので

 

すみません、

記事分けさせてください...。

 

またすぐに書きます...。

 

もし、この記事を読んで

私に聞いてみたいことがあるよーって方は、

こちらから是非。

 

完全匿名で質問が送れます。

kedamarina0110.sarahah.com

 

それから、

前回の恋愛系質問に答えましたは

コチラから!

kedama-rina.hatenablog.com

 

最後に。

 

私の言いたいことを

一言で表してくれている、

aikoのこの曲のワンフレーズを

紹介して終わりたいと思います。

(クリックで視聴できます) 

 

それだけ/aiko

 

ただ あなただけ

ひとつだけこの気持ちは

ここにしかない

 

ただ あなたが好き

苦しみも重ねて ただそれだけ

 

”苦しみも重ねて”ただそれだけ

なんです。

 

一緒に過ごす中で、

色々な苦しみもあるんだけど、

結局、最後は、

”あなたが好き”

それだけなんです。

 

それだけがあればいいんです。

 

うう、aiko…。

やっぱり好きだ…。←

 

みんなが幸せな恋愛を

できますように…。