けだまのブログ

けだまのブログへようこそ。 運営者の、けだまと申します。 鳥取の大学4年生。 よかったらゆっくりしていってね。 みんなが自分の人生やキャリアについて真剣に考えられるきっかけを与えられる人になりたい。思考の歴史カテゴリ参照。鳥取の就職問題についても関心があります。今年はその問題に対して何とか働きかける。これまでに50人弱の社会人の方へインタビューをし、記事を執筆してきました。得意分野です。 そういう関連のお仕事も募集中です。 お問い合わせやこれまでの実績は、お問い合わせカテゴリからどうぞ。

【理想の生活は?】夢とかやりたいこととか置いといて、理想の生活を具体的に言葉にできる?

 

お久しぶりです。

けだま(@k_east424)です。

 

気が付けば8月も終わりそうな時期です。

ブログ全然更新できてないし、

ブログ辞めたのか?って思われてるかも・・・

と不安になりながら更新します…w

(ブログはやめません!!!)

 

今回は、前回のお話の続き的な感じで

書いていきたいと思います。

 

f:id:kedama-rina:20180824213149p:plain

 

kedama-rina.hatenablog.com

 

前回の記事では、

一番大事なものをとるために

時には捨てることも大事なことだ

という内容のことを書きました。

 

しかし、これは

一番大事なもの

が何かがわかっていること

を前提にした話です。

 

私も含めて、

自分が何を一番大事にしたいのかって

案外わからないことが多いのではないかと思っています。

 

お金?

時間?

仕事?

家族?

環境?

 

何度も言っていますが、

大事にしたいものって

たくさんあるのが普通です。

 

けど、その中でも、

一番、なもの。

 

なくてはならない、もの。

 

自分にとってのそれが、

何かはっきりと答えられますか?

 

これは私の持論ですが、

こういうことがはっきりと答えられる人は

具体的な理想

が描けているのではないかなあ、と

思うのです。

 

例えば、

1か月に一回は旅行に行く生活、

とか、

毎日6時には帰宅してご飯を作ってゆっくり食べる

とか

わかんないですけど、

そういう、なんていうか

具体的な理想を想定できている人は

何を大事にしたいか、何を大事にするべきか

が意識せずとも見えている人なのかな、と。

 

逆に言えば、

そういう具体的な理想のイメージや

想定ができていない場合は、

何を大事にしたらよいのか

わからなくなってしまいやすいんじゃないかなって。

 

例えば、私のように

大学四年生になり、

就活が始まる時期に、

自分は何がしたいのか?

将来の夢は?・・・

 

そんなことを考えることが多くなる

タイミングがあると思います。

 

でも、なかなかわからないのが普通だし、

なんか現実味がなくて

ぼやっとしてしまう…

 

結局、就活用の言葉をつくって

それを覚えてそのまま話して

希望の会社に内定をもらったけど

働いてみたらやっぱり違う…

 

そんなことになる前に、

 

夢とか、やりたいこととか、

そういう大きなことは置いておいて、

本当の理想の生活を考えてみることも

大事なんだと思っています。

 

だって、その理想の生活ができていれば、

きっと楽しく生きていけるよね。

 

私はよく言いますが、

仕事は手段であって目的ではないと思っています。

 

その目的は人それぞれですが、

突き詰めれば、自分が幸せに生きるため、

楽しく生きるため、ではないでしょうか。

 

だったら、

理想の生活をするための手段として仕事を選ぶ

という普通とは逆の考えもいいんじゃないかって思うんです。

 

みんながそろいもそろって

やりたい仕事、むいている仕事、

そこから考える必要なんて

全くない、と思うんです。

 

もちろん、本当にやりたいことや

憧れの仕事、むいている仕事があって、

その仕事に就くために頑張る、

ということもとても素敵なことです。

 

でも、別に絶対にそうやって

考えないといけないわけじゃないよね。

 

私が実際に就活をしていて感じたことですが、

さっき書いたように、

 

理想の生活を思い描いて

そこから逆算して仕事を選んでいる人って

本当に少ない。

 

本当は一番大事にしたいのは

家族との時間なのに、

やりたい仕事にとらわれすぎて

一番大事にしたいものを大事にできていない。

 

 中身は違っても

こういう状況になってしまう人もいるはずで。

 

一度だけでもいいから、

明確な理想を描いておくのって

大事じゃないかなあって。

 

ちなみに私はより具体的にするために、

理想の一日を考えてみました。

 

何時に起きて、どんな仕事をして、

何時に帰ってきて、夕飯は何を食べたいか、

帰宅後は何をしたいか、

何時に寝たいか。

 

かなーり細かく、考えました。

 

一見必要ないかもと思うようなことでも、

しっかり考えると、具体的になってきて

自分が何を大事にしたいのかが見えてきます。

 

そこからその生活を実現できそうな

選択肢を選ぶ。

 

そういう、考え方もあるんじゃないかなって。

 

特に、就活とかをしていると、

将来の夢は?

目標は?やりたいことは?

そういう、形式的な質問をされることが多くなって、

だんだん、本当の気持ちが見えなくなってきます。

 

けれど、本当に大事なのは

いかに自分の気持ちに正直に

自分という筋を通していられるか

ここだと思う。

 

そして、そういう筋を通せる人は

明確な理想をもっている。

 

道に迷う、そんな瞬間があったら

立ちどまって、自分の心に正直になって

自分が本当に大事にしたいものと

しっかりとむきあえる人でありたい。

 

そして、自分の力で自分の人生を決め、

自分の足で歩いてゆきたい。

 

そのためにはある程度の

”自立”も必要だと思っています。

 

次回は、

「親のせいにしていませんか?自分の人生を自分で歩むための自立」

という内容でお送りしたいと思います!(笑)

 

気長におまちくださればうれしいです。

 

それでは!