けだまのブログ

けだまのブログへようこそ。 運営者の、けだまと申します。 鳥取の大学三年生。 よかったらゆっくりしていってね。 みんなが自分の人生やキャリアについて真剣に考えられるきっかけを与えられる人になりたい。思考の歴史カテゴリ参照。鳥取の就職問題についても関心があります。今年はその問題に対して何とか働きかける。これまでに50人弱の社会人の方へインタビューをし、記事を執筆してきました。得意分野です。 そういう関連のお仕事も募集中です。 お問い合わせやこれまでの実績は、お問い合わせカテゴリからどうぞ。

卒論テーマ決定!これは面白くなりそう!!!

 

どうも、どしゃ降りのクリスマスに

傘を盗られて身動きができないけだまです。

 

こんな土砂降りのなか

傘とっていくとかホント、

人の心がないのか! 

 

傘盗るの犯罪ですからね?!

マジでやめてください。

 

とまあ、愚痴はさておき…

 

ちょっと最近ブログ更新サボってました。

すみません。

 

今日からまたちょこちょこがんばります…!

 

ということで、

今日は、

 

私の卒論のテーマ!

について語ります。

 

バーン!w

f:id:kedama-rina:20171226020114j:plain

 

私は、まぎれもなく農学部です。

 

情報流通解析という研究室です。

 

でも、今、正直、

農業についてめちゃめちゃ

興味があるかといわれると

ない

です。(苦笑)

 

まあもちろん全くない訳ではないですが、

就職も農業全く関係なく考えてるし、

卒論で、農業のことについて

調査してなにか結果を出したい!と

強く思えるほどでもなく。。。

 

だから、

 

卒論なんて10単位取るために

楽そうなテーマでテキトーにやるかあ

なーんて思ってました。

 

それで、このあいだのゼミで

三年生の卒論の構想を発表してくださいって

時間がありまして、

 

そんな感じで卒論を

甘く見て、全く考えてなかった私は

先生に相談(丸投げ)しに

行ってきたんですね。

 

「先生!卒論どーしましょう!」

 

(丸投げにも程がありますね…)

 

「おぉー、あなた、やっときたんやあ。

とりあえず座りなさい。」

 

私の研究室の先生は中国人で、

独特の関西弁?wを喋ります。(笑)

 

「来週のゼミで発表なのに全然考えてなくて……。」

 

「う~ん。児玉さんが

一番興味のあることはなんやあ。」

 

丸投げな質問にも怒らずに

笑顔でそんなことを

言われちゃったもんだから、

私もばか正直に答えてしまって。

 

「正直、最近一番興味のある問題は、

鳥取の就職状況とか…!

みんな出てってしまうじゃないですか!!

でも明らかに情報の発信の

しかたが悪いと思ってて…!!

でも!!

農業全然関係ないんでダメですよね!!(笑)」

 

って。

 

これは最近書いたこの記事のことなのですが。

(あ、まだこの記事読んでない方がいれば

是非先に読んでから戻ってきてくださると

話がわかりやすいと思います。)

 

kedama-rina.hatenablog.com

 

自分が当事者であり、

自分の周りを見ていても

知らない・知るすべがない

状況を何となく感じること。

 

調べれば調べるほど、

「情報は、ある」こと。

 

それ、

なんだかすごくもったいなくない?!?!

とめちゃめちゃ感じること。

 

だから、自分で、

ホントにみんな知らないだけなのか

なんで鳥取に就職したがらないのか

調べてやろうかと思っていたところでした。

 

なので、

正直に言ってしまったんですね。

 

でもそしたら、

 

「おぉ。それはおもしろいと思います。

それに、出来なくはないんやな。

雇用指数を使って、あなたのいうように

どれくらいの人が鳥取に残れば、

どれくらいの経済効果があるのかを

調べることはできる。」

 

って!

 

そっから色々専門的な話を

してくださったのですが、

今のわたしにはまだわからなかった…。w

 

でも、農業関係なくても

全然やっていいよって。

 

あなたの興味のあることをしなさい。

私のできることはフォローしますから。

って。

 

「ただ、これはかなり難しい、

何をいっても作業量が多いんやな。

それでもあなたはやりますか?」

 

もうそこまで言われちゃったら

やるしかない、てか、やりたい!

 

「やります!!!

やり切るだけやって、

結果出して、

最後は県に出してきます!!!」

 

と、とんとん拍子で決まってしまいました。

 

そのあとは家に帰って

簡単に現状を調べて、

構想を何となく作成。

 

 

こんな感じ。

 

実際に就活生がどんな方法で

情報収集しているのか。

 

なんで鳥取県への就職を希望しないのか。

 

その辺の実態を探る。

 

企業側にもできればいろいろ聞き込みしたい。

 

それをふまえて、

先生に教えてもらいながら

経済効果を予測してみる。

 

そんで、例えば、

実現可能な雇用人数でリクナビマイナビ

掲載料を賄えるくらい経済効果が生まれるんなら

県から掲載料の補助とか

出してもらったりできないのか?

 

はたまた、既にある

ふるさととっとり県定住機構とかが

取り組んでいる、

とりぶとかターンとかTORINAVIとか

そういうサイトをもっと学生に認知してもらう

取り組みを促進するべきなのか。

 

(ここらへんって、ほんっとほとんど

知られてないと思うんですよね。

こんなに頑張ってくれてるのに…)

 

またはもっと別の方法があるか。

 

理想で話しているので、

調査を始めたら色々現実的な問題とか

出来ない事とかぶち当たるんだと

思うのですが、

それでも私はちょっとこれ、

 

まじで本気でやります。

 

本気で知事に取り合ってもらえるくらいの

レベルまでもっていきたい…。

(大口たたいてすんません...!)

 

でもそれくらいの意識で取り組む。

 

他の農学部のコースの子たちが

毎日必死こいて実験やっているところを

私のコースはのんきに週一のゼミだけ。

 

来年からは授業もなくなるし、

就活と卒論だけに絞れる。

 

これだけ自由に、

したいことを応援してくれる

先生にも感謝しなきゃいけないし、

テキトーにやんないで

全力で取り組む!

 

なので皆様、

もしかしたら何かしらの形で

お世話になることもあるかもしれません。

 

その時はどうかよろしくお願いいたします。

 

なにかアドバイス

ご意見などありましたら

是非私までお願いいたします。

 

こちらのお問い合わせホームまたは、

リアルで繋がっている方は

メッセージやコメントでも大丈夫です!

 

さあて!面白くなってきたぞ!