けだまのブログ

けだまのブログへようこそ。 運営者の、けだまと申します。 鳥取の大学三年生。 よかったらゆっくりしていってね。 みんなが自分の人生やキャリアについて真剣に考えられるきっかけを与えられる人になりたい。思考の歴史カテゴリ参照。鳥取の就職問題についても関心があります。今年はその問題に対して何とか働きかける。これまでに50人弱の社会人の方へインタビューをし、記事を執筆してきました。得意分野です。 そういう関連のお仕事も募集中です。 お問い合わせやこれまでの実績は、お問い合わせカテゴリからどうぞ。

「鳥取には就職先がない!」それって本当?

 

みなさん!おはこんばんにちは。

けだまです。

 

わたくしけだま、これまでも

いくつか就活関連の記事を書いてきた通り、

大学三年生。

絶賛就活中、でございます。

 

しかし!

 

大学は鳥取

 

鳥取県はご存知の通り、

人口最小県!!!

H29年11月1日現在、

565,002人しかいません。

 

少なっ!!!

 

まじか。

 

ホントか?

 

改めて数字で見てみると、

本当に少ないな。

 

とまあこんな感じで、

とにかく人が少ない(笑)

 

ということはイコール

企業も少ない…?

 

平成26年「経済センサス-基礎調査」によると、

鳥取県の民営事業所数(事業内容等不詳を除く)は2万6,553か所

 *1

だそうですよ。

 

ちなみに、私の地元、静岡では、

 

 静岡県の事業所数は 18 万 5,519 事業所

 *2

らしいです。

 

鳥取県と比べると、

静岡県でも、ざっと9倍…ですね。

 

確かに事実として、

鳥取県の企業は少ない。

ようです。

 

この事実は、

当たり前と言えば当たり前

なんだろう。

 

私が今日話したいのは、

こんな風な企業数そのものの話より、

就活生に知られている、または、

知ることができる企業数

について、です。


f:id:kedama-rina:20171211023145j:image

 

就活生が、就活生となるとき。(笑)

(就活生の定義はわかりませんが)

 

例えば、私の大学では、

大学三年生の6月くらいに全員召集されて、

みんなで一斉に就活サイトに登録させられました。

 

リクナビマイナビ

とかいうやーつー。

 

他にも合わせて5個くらいのサイトに

登録しました。

 

私的にはそのあたりから

就活生、になったなあって感じ。

 

で、そこから就活生としての生活が

始まるわけですが、

インターンシップにしろ、

企業検索にしろ、

 

やっぱり、初めに登録していて、

掲載数も一番多くて、

なんとなく信頼出来て、

みんなが使っている、

 

リクナビマイナビ

 

を、一番使うんじゃないかと思います。

 

私も一番使うのはそこ二つです。

 

賢い人は、他のサイトや

他の手段を使って情報収集

しているのかもしれませんが、

ほとんどの人は、私とおんなじような

感じなのではないかなあ、と思います。

 

ということは、

そういう就活生が知りえる企業って、

そこに載っている企業が最大値。

 

例えばリクナビには、

全部で15837社掲載しているにも関わらず、

 

f:id:kedama-rina:20171211005810p:plain

 

鳥取県に絞ると...。

 

f:id:kedama-rina:20171211005742p:plain

 

53社しか載っていません。

さらに、

インターンシップで検索したら、

27社しか出てきません。

 

マイナビも、73社。

 

圧倒的に少ない…。

(ちなみに静岡は481社ヒット。)

 

例えば鳥取の学生が、

リクナビマイナビしか見ていなかったとして、

鳥取県には就職先がない!!!

てなるのは目に見えている。

 

というか、実際に

私がその一人でした。

 

鳥取県も就職する土地の一つとして

考えたいけれど、

そもそも就職先が全然ないし、

リクナビ見ても行きたい企業もないから

しょうがないな。

鳥取ってマジでなんもないな...。

 

って。

 

でも、それってもしかしたら、

知らないだけかもしれなかった。

んです。

 

ついこの間の話。

 

最初に話したように、

一斉に登録した就活サイトからは

毎日のようにメールがバンバン来ます。

加えて学校のキャリアセンターからも

就活セミナーやら公務員説明会やら

めちゃめちゃメールが来ます。

 

そのうちそんなメールは

開かなくもなるんですよね 苦笑

 

でもその時は偶然にも

ちゃんと中身を確認した私。

 

キャリアセンターからのメールだったのですが、

とっとりインターンシップの締め切りが

今週末ですよ、説明会に来てない人も応募できるよ、

資料はキャリアセンターにあるよ、

欲しい人は取りに来てね。

 そんな内容でした。

 

なんとなく気になって、

資料とやらをもらいにキャリアセンターへ。

 

(キャリアセンターに自分から行ったのも

実はこれが初めてだった)

 

で、ここでもらった資料が大分

私にとっては衝撃的だった…!!!

 

たかだかとっとりのインターンシップ

せいぜい20社くらいだろう。

なんて思っていたら(失礼)

 

これ!

 

 

こんなに分厚い冊子が。

 

これは今回の春のインターンシップ

募集している鳥取県の企業一覧なのですが、

実に300社以上!!!

 

インターンシップ受け入れをしている企業

だけで、こんだけあるんですよ?

リクナビには27社しかなかったのに。

 

いや、本当に衝撃だった。

 

もちろん、リクナビマイナビがすべてだとは

思っていないですが、

やっぱり鳥取だし、どうせ。

みたいな、あきらめや先入観って

絶対にあって。

 

こういう風に、

本当はインターンシップだって

新卒だって募集している企業って

これだけ鳥取にもあるのに、

それを知らないまま、

鳥取県を選択肢から外してしまう。

 

そういう学生が今までに

どれだけいたんだろう...。

と、思ったわけです。

 

というのも、私が実際に、

今回この一覧をもらって、

「あ。この企業いいな。」

「こんな会社もあったのか、調べてみよ。」

って初めてなったんですよ...。

 

都会に出てもまれてこよう、という

思いもあったけど、

それ以前に、鳥取にはそもそも、

働きたい企業がないから。

っていうのがあって、

鳥取県は選択肢になかった。

 

でも、それは知らなかっただけ。

でした。私の場合は。

 

まあ確かに冒頭にあったみたいに

企業数そのものは少ないのは事実なのですが。

 

それでも、リクナビマイナビだけ見て

なんもないって言うのは少なくとも

知らな過ぎていた。

んだと思います。

 

よくよく考えてみれば、

リクナビマイナビなんて

莫大な掲載料を払わないと

掲載できないわけで。

 

そこだけを最大値にしてしまうのは

私みたいに、規模感よりも

中身を大事にしたい人なんかは特に、

得策でないのかも。

 

 

 

もしこれを読んでくれた鳥取県の学生さんで

リクナビマイナビしか見てなかったよって人は、

とっとりインターンシップのサイト

是非見てみてほしいし、

(一次募集は過ぎてるけど、

二次募集があるみたいです。)

 

キャリアセンターにも、

行ってみてほしい。

(めちゃめちゃ親切に

対応してくれたし、色々有益な情報を

教えてくれました。)

 

知らないのに、

決めつけてしまうのは

本当に良くないね。

 

鳥取にも、

リクナビマイナビに載っていない

企業がたくさんあるんだよってこと、

頭の片隅にいれておいても

いいかもしれない。

 

ということで、

二つの企業にインターンシップ

応募してきました。

 

鳥取県が選択肢の一つに浮上してきた今、

もう一度優先順位を考えなければいけないなあ。

(この間東京に行って、やっぱり

肌にあわんなあーって思ったのもあるし。)

 

試行錯誤しながら、

自分が納得できる道を

自分で切り開いていくぞ。

 

これからも、

見守ってくださると嬉しいです。

 

☆追記☆

 

卒論を、この「鳥取の就職問題」をテーマに

やってみることになりました!

 

合わせてこちらの記事もお読みください。

 

kedama-rina.hatenablog.com

 

今後は、卒論としてはもちろん、

個人的にも、鳥取の就職の問題について

働きかけたいなと思っています。

 

協力してくださる方がいましたら

連絡、待っています。

 

ご連絡はこちらのお問い合わせフォームより

お願いいたします。