けだまのブログ

けだまのブログへようこそ。 運営者の、けだまと申します。 鳥取の大学4年生。 よかったらゆっくりしていってね。 みんなが自分の人生やキャリアについて真剣に考えられるきっかけを与えられる人になりたい。思考の歴史カテゴリ参照。鳥取の就職問題についても関心があります。今年はその問題に対して何とか働きかける。これまでに50人弱の社会人の方へインタビューをし、記事を執筆してきました。得意分野です。 そういう関連のお仕事も募集中です。 お問い合わせやこれまでの実績は、お問い合わせカテゴリからどうぞ。

内定をもらった時はきっと誰しも喜んだはずなのに、なぜいまそんなにつらいのか。

こんにちは、久々ですね。けだまです。

 

4月に社会人デビューしてから早いもので

もう10か月もたってしまいました。

 

あと二か月もすれば後輩が入ってきて、

私達は先輩になってしまいます。

社会的に”新人”でいられるのも

のこりわずかなんですね・・・。

 

ということで、

 

社会人としてはまだまだあまちゃんなくせに、

今回はちょっと生意気なテーマを

書かせてもらいました。

 

まあ、個人ブログなんでね。

あくまでも、私個人の主観での話です。

誰かに対してでもなく、

社会の総意を表しているわけでもないです。

私が、思うことです。

 

 

社会人、やっぱなんか、

辛そうな人って多い。

 

f:id:kedama-rina:20200209212345p:plain

 

私のことを知っている方は、

よく聞いた話かもしれませんが、

私は鳥取に来てたくさんの大人と話して

”仕事を楽しんでいる大人”の存在を知りました。

 

それがすごく衝撃で、今の私の価値観にも

影響しているわけですが・・・

 

やっぱり、世の中そんな人ばっかじゃないです。

 

まあ、お金の対価としての仕事だし、

仕事そのものがめちゃくちゃ楽しいかといわれれば

そうではない人のほうが圧倒的だろうし、

(私も、仕事そのものを楽しめてるかといわれると

現状そうではない。)

つまらんし、しんどいのが仕事、

ではあるとは思うんですが。

 

なんかやっぱり思うのは、

”ほとんどの人は、自分で選んで

今の会社にいてその仕事をしている”

はず、なのに、

なんだかすごくしんどくなってしまったり

会社辞めたい、が口癖になっちゃったり…

 

その状況って、

その人の求めるライフプランと

選んだ会社(仕事)がどこかしらで

ミスマッチを起こしてしまっているんじゃないか

ということです。

 

…もちろん、

「入社してみたらおもってたのと違った」

「実際やってみたら○○だった」

「そもそも求人時点の条件と違った…」

など様々な理由はあると思いますが、

 

自分の意志で決めることができるフェーズで

ミスマッチが起きているならば、

防ぐことができるかもしれない。

 

少なくとも、中途でも新卒でも、

”会社選び”の段階では、

自分の意志で決めるものなので

ミスマッチを防げる可能性があると思います。

 

それなのに、なぜ人って

自分の求めていることと、

実際に選択することを

必ずしも一致させることができないんでしょうか…?

 

 

だれしも、内定をもらった瞬間は

喜んだはずですなのに…。

 

どうして今こんなにつらいんでしょうか?

 

 

つらい、しんどい、って、

”やりたくないことをやっている”

”やりたいことができない”

”疲れている”

”ストレスが溜まっている”

…などなど様々原因はありますが、

 

総じて、”幸せじゃない状態”

と言い換えられると思います。

 

では、自分にとって、

”幸せな状態”って

どんな状態なんでしょうか。

 

幸せじゃない状態の逆です。

 

やりたいことができて、

やりたくないことはやらない、

ストレスがなく、

程よく休める…

 

先ほど例に挙げた

幸せじゃない状態の逆は

こんな感じですかね。

 

確かに、これなら幸せに過ごせそうです。

 

でも、ちょっと現実味がないというか

完全再現するのはちょっと難しそう。

(生きていくにはお金が必要=労働が必要

だからね…)

 

なので、もっとリアルな、

幸せな状態を考えてみよう。

 

密着!幸せな状態の私の理想の一日☆

的な。

 

それくらいリアルにかつ、明確に描けると

自分がどんな生活・生き方をしたら

楽しそうに=つらくなく

毎日いられるのか、見えてきそうじゃないですか。

 

余談ですけど、

例えば私はこんな一日を描いてます。

 

環境

・好きな人と猫と2人+1匹暮らし

・日当たりのよい部屋

・静岡

・鳥の声やカエルの鳴き声が

きこえるくらいの自然が近いところ

 

7時半くらいに起きて

朝ご飯をゆっくり食べて

8時半くらいに出発

 

自分の良さや能力を生かした仕事に従事する

(=私だからの価値を提供できている実感があること)

 

6時には帰ってきてゆっくり夕飯を自炊して

みんなで夕ご飯を食べる

 

的な感じです(笑)

本当はもう少し細かく考えてますが

そんなことはここで書いても誰得なので

書きません。

 

まあまあ、何が言いたいかというと、

現状いま、”つらい””しんどい””

という状況にあるならば、

おそらく、その人が潜在的に考えてる

幸せな状態から何かが欠けている、

または余分なものがぶら下がっている

ということではないかと思います。

 

多分、私はこういうことを考えるのが

大好きな人間なのでスラスラ出てきますが、

なかなか、普通に過ごしていたら、

幸せな状態がどんなかなんて

考えたりはしないはずです。

 

でも、そこに、ミスマッチの原因が

潜んでいそうな気がしているんです。

 

 

何かを選ぶとき、

人は何かしら基準を持っています。

 

ここにケーキが二つあります。

どちらか一つを買ってください。

 

f:id:kedama-rina:20200209205757p:plain
 

この選択肢を決定するとき、

・値段で選ぶ人

・味で選ぶ人

・カロリーで選ぶ人

それぞれいろいろな

選択基準をもとにしていると思います。

 

会社選び(就活)も、根本は同じですよね。

・給与

・休みの多さ

・仕事内容

・就業場所

などなど、いろいろな選択基準のもと

自分が行きたい会社や仕事を選ぶ。

 

・・・でも、

そもそもその選択基準が

自分が本当にほしいものからずれていた

場合、どんなに基準に沿った選択ができていようが

「こんな予定じゃなかった」

となってしまいますよね…。

 

「今月は金欠だから、

安いチョコケーキのほうにしよう」

→実際に決めた選択基準は”金額” 

「金欠ってことが頭にあって

安いほうを選んじゃったけど、

やっぱり大好物ショートケーキ

にすればよかった」

 

→本来自分が大事にしたかった選択基準は「味」だった

 

ケーキだったら、まあまた買おう、

で済みますが、

こういうことがたくさん起こるのも人間…。

 

・周りの目

・プライドや自尊心

・人間関係

・目先の誘惑

 

色々な要因で、自分が本来求めているものと

違う選択をしてしまう。

 

f:id:kedama-rina:20200209211201p:plain

 

それが、会社選びの段階で

起こってしまうと

ミスマッチの原因になりかねない、

のではないかということです。

 

では、自分の本当に求めているものは

どうすれば見つけることができて、

色々な要因に誘惑されず、

まっすぐ突き通すことができるのでしょうか。

 

私は、その一つの方法が、

自分がどんな生活をしたら

幸せだと思えるのか

を超具体的に考えることだと思っています。

 

中盤に話した、密着!理想の一日☆

です。

 

だって、それが考えられれば

その生活を選択基準として、

間違えずに選択していける、

と思うからです。

 

たとえどこかで間違ったとしても、

自分がどうしたら幸せに健康に

楽しくいられるかを自分で把握できている人は

それを基準にしてまた選びなおせばいいだけです。

 

そうしていくうちに、

いきなりは無理でも、

着実に少しずつ理想に近づいていけるし、

今なんのための時間なのかを把握しやすい。

 

目的地なく三千里歩くより、

母を求めて三千里のほうが、

しんどい時間があっても、

この時間は○○のために必要なんだ、

という認識ができるので

しんどさも耐久力も変わってくると思います。

 

 

私は、今、仕事実際しんどいです。

サーバーの設定とか超嫌いだし

苦手だし、仕事わかんないことだらけだし

つらい瞬間もあります。

 

でも、私には好きな人と猫と暮らす

理想の生活がこの道の先にみえてるから、

目的を見失うことなく、しんどいけど頑張ろう、

という前向きな気持ちになれます。

 

就活とか言われると、

肩に力が入って、会社に選んでもらわなきゃ、

いいとこアピールしなきゃ、

となってしまいがちですが、

 

そんなことよりもまず、

自分の選択基準をはっきりさせること、

どんな状態であれば自分が心身ともに

健康でいられるかを考えておくこと

を声を大にして言いたい。

 

ちょっと・・・いやだいぶ生意気に

なってしまった気がしますが、

一人でも多くの人の、

ただのしんどい一日が

理想に近づくための一日に

なっていくといいなあと、思います。